日本食肉科学会HOME > 発行物ご紹介:『食肉の科学』

『食肉の科学』について

『食肉の科学』は、日本食肉科学会(旧日本食肉研究会、以下「日本食肉科学会」と表記)が年2回(6月末・11月末)発行する会員向けの機関誌です。
毎号、総説、解説、今日の話題、海外事情、資料、論文等を掲載しています。
最新号は会員にのみ配布しています。購読ご希望の方はぜひ日本食肉科学会へご入会ください。

編集委員会ご紹介

編集委員会の一覧は「日本食肉科学会(JSMST)について|編集委員会」をご覧ください。

『食肉の科学』最新号

第61巻 第2号

第61巻 第2号2020年11月30日発行
サイズ: A4
ページ数: 209ページ

【ご 案 内】

第 62 回日本食肉研究会大会開催案内
坂田 亮一(日本食肉研究会会長)

【追 悼】

高橋興威先生を偲ぶ
西邑 隆徳(北海道大学大学院農学研究院 )

【総 説】

霜降り形成に関わる遺伝子の探索
平野 貴(東京農業大学農学部動物科学科)

【解 説】

肉の加熱調理
佐藤 秀美(日本獣医生命科学大学 応用生命科学部)

大豆ミート:ミートアナログ
釘宮 渉・坂田 哲夫(不二製油株式会社)

【今日の話題】

家畜や食肉に影響を与えるコロナウイルス
氏家 誠(日本獣医生命科学大学 獣医学部 獣医学科 獣医感染症学研究室,
生命科学総合研究センター) 

【海 外 事 情】

スペインの生ハム
山田 進(フリーランス通訳)

第 66 回国際食肉科学技術会議(ICoMST2020)に参加して
坂田 亮一(麻布大学名誉教授)ほか

【業務・事業紹介】

日本食肉消費総合センターの業務について
山本 達雄((公財)日本食肉消費総合センター常務理事 )

【文 献 紹 介】

2020年前半

【研究会報告】

第 68 回国際食肉科学技術会議の準備進捗報告
ICoMST2022 組織委員会 

日本食肉研究会秋期特別セミナー 2020  新型コロナウイルス感染症における医療・家畜生産および食肉加工の現状
押田 敏雄(日本食肉研究会監事)・坂田 亮一(日本食肉研究会会長)

研究会だより
日本食肉研究会 編集幹事会 

【会 員 名 簿】

日本食肉研究会役員,賛助会員,特別会員

食肉の科学誌投稿規定

日本食肉研究会会則 


『食肉の科学』バックナンバー

発刊後2年を経過した号は、PDF形式でお読みいただけます(会員専用)
各号のページからダウンロードしてください。