ご入会について

 日本食肉科学会では随時会員を募集しています。
 ご入会により、大会やイベントへの参加や年2回の機関誌「食肉の科学」の配布を通じて、食肉業界・食肉研究に欠かせない情報を得ることができます。また、関連専門分野の方々とのコミニュニケーションの促進や情報交換の場としても活用可能です。

会員の種別と 年会費

種別
資格
年会費
正会員
本会の趣旨に賛同する個人
4,000円(一般)
学生会員
本会の趣旨に賛同する学生(博士課程在学者まで)
2,000円(学生)
特別会員
本会の趣旨に賛同する食肉に関する会社および団体
1口(30,000円)以上
賛助会員
本会の事業を賛助し、相当額を寄付した者
1口(60,000円)以上
名誉会員
本会に貢献し、役員が推薦し、総会で承認した者
無料

入会方法

正会員・学生会員

ご入会フォームに必要事項をご入力いただき送信いただくか、もしくは入会申込用紙に 必要事項をご記入後、
郵送もしくはFAXにてお送り下さい。 あわせて年会費を下記口座にお振込み下さい。

郵送先
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-5-6
ハム・ソーセージ会館内
FAX送信先
03-3441-8273

特別会員・賛助会員

入会申込用紙に必要事項をご記入後、定款を1部添付して郵送にてお送り下さい。
後日、担当者様にご連絡いたします。
用紙のお取り寄せにつきましてはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

郵送先
〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-5-6
ハム・ソーセージ会館内
FAX送信先
03-3441-8273

会費お振り込み口座

※振込手数料はご負担願います。
※本会の会計年度は本年3月から翌年2月までです。その他詳細につきましては「会則」をご確認ください。

日本食肉科学会会則

総則

第1条
本会は、日本食肉科学会(英文表記 Japan Society for Meat Scienece and Technology)と称する。
第2条
本会は、事務所をハム・ソーセージ会館 (東京都渋谷区恵比寿1-5-6)におく。
第3条
本会は、食肉に関する学術ならびに、産業の振興を図ることを目的とする。
第4条
本会は、上記の目的を達成するために次の事業を行う。

  1. 食肉および食肉加工に関する大会、講演会等の開催事業
  2. 食肉および食肉加工に関する学会誌、学術図書、ニュース等の刊行事業
  3. 食肉および食肉加工に関する進歩発達に貢献した者の表彰事業
  4. 食肉および食肉加工に関する国際交流に関する事業

会員および会費

第5条
本会は、次の会員をもって組織する。名誉会員・功労会員の推薦については別に定める。

  1. 正会員: 食肉の学術に関心を有し、本会の趣旨に賛同する個人
  2. 学生会員: 食肉の学術に関心を有し、本会の趣旨に賛同する学生
    但し、単年度登録とし、必要に応じて継続手続きを行う。
  3. 特別会員: 学会の趣旨に賛同する食肉に関する法人または団体
  4. 賛助会員: 学会の趣旨に賛同、事業に賛助し、相当額を寄付する個人、法人または団体
  5. 名名誉会員: 学会に特別の功績があり、常務理事会が推薦し、本人の了承を得て総会で承認された個人
  6. 功労会員: 学会に永年に亘って所属し、学会に功労があり、常務理事会が推薦し、本人の了承を得て総会で承認された個人
第6条
本会の会費は、次の通りとし、年度始めに納入する。年会費には会誌購読料を含む。

  1. 正会員: 年額4,000円
  2. 学生会員: 年額2,000円
  3. 特別会員: 年額1口(30,000円)以上
  4. 賛助会員: 年額1口(60,000円)以上
  5. 名誉会員: 徴収しない
  6. 功労会員: 徴収しない(会誌希望の場合は、年購読料2,000円)

役員

第7条
本会の事業を遂行するため、次の役員をおく。

  1. 理事長1名
  2. 副理事長3名以内
  3. 常務理事20名以内
  4. 監事2名
  5. 庶務2名
  6. 会計2名
  7. 編集委員
  8. 広報委員
第8条
役員は総会で選任し、その任期は2ヶ年とし、再選を妨げない。

  1. 理事長は学会を代表し、会務を総理する。
  2. 副理事長は理事長を補佐し、理事長に事故があった時は、その会務を代行する。
  3. 監事は、本会の事業執行および会計を監査する。
  4. 常務理事は、理事長の諮問に応じて会務の運営および重要事項を審議する。
  5. 庶務および会計の責任者は常務理事をもって宛て、それぞれの業務を総括整理する。
第9条
本会に編集委員会および広報委員会をおく。

  1. 理事長は、前項に規定する委員会の責任者を常務理事のうちから委嘱する。
  2. 前項に規定する責任者は、所掌する委員会の業務を総括整理する。
第10条
本会に顧問をおくことができる。

総会および会議

第11条
総会は、事業年度につき一回を開催する。

  1. 前項に定めるものの他、必要に応じて臨時総会を開くことができる。
  2. 総会では会務を報告し、重要事項について決議する。
第12条
常務理事会は必要に応じて理事長が招集する。
第13条
第9条に定める委員会は、必要に応じてそれぞれの責任者が招集する。
第14条
理事長は、必要に応じて作業部会を設け諮問することができる。
第15条
役員会は第11条1項に定める総会の前に開催し、会務の運営および重要事項などを協議する。名誉会員、功労会員、および顧問は、役員会に出席して意見を述べることができる。

会計

第16条
本会の会計年度は、3月1日に始まり、翌年の2月末日に終わる。

 

附則 この会則は、2021年4月1日から施行する。

日本食肉科学会名誉会員・功労会員推薦規程

第1条
会則第5条により本規程を設ける。
第2条
名誉会員および功労会員の資格は、次の各号のいずれかに該当する会員であることを原則とする。

  1. 名誉会員は、正会員として30年以上本学会に所属し、役員として学会の発展に寄与し、本学会の功績顕著な正会員とする。ただし、推戴時に本学会の現職役員でないこと
  2. 功労会員は、正会員として通算40年以上本学会に所属し、食肉分野の発展に著しい貢献のあった正会員とする。
第3条
名誉会員・功労会員の総会への推薦方法は次による。

  • 名誉会員・功労会員候補者は常務理事会の推薦に基づき、総会で決定する。